斎場と火葬場の違い | セレモニーガイド

スポンサードリンク

斎場と火葬場の違い

斎場と火葬場の違い

斎場はお通夜や告別式、葬儀ができる

スポンサードリンク

身内にご不幸があり葬儀の準備をする側になるまでは、葬儀についてほとんど分からない方が多いのではないかと思います。始めて耳にする言葉もあるのではないでしょうか?では、「斎場」と「火葬場」との違いについてはご存知でしょうか?

斎場とは、お通夜や告別式、葬儀を行うことができる施設のことです。火葬場とは、ご遺体を火葬する為の施設です。斎場には二つの種類があって、民間業者が経営しているものと公営のものとがあります。民間の斎場の場合、○○ホールや○○会館などといった名前が付いていることが多いようです。

また民間の斎場の場合、葬儀社が運営している施設と、それとは別の業者が運営している場合があります。数的には斎場を持っていない葬儀社の方が多いのですが、葬儀社が運営している斎場の場合は、その葬儀社専用の施設ということになります。また、斎場を持つ葬儀社であっても、他の斎場を使ったり公営の斎場を利用したりすることもあります。

公営の斎場も多数あります。公営の場合、火葬場を併設している所が多く見られます。民間の斎場と公営の斎場を比べた場合、地方であれば公営の斎場の方が多く、東京では反対に民間の斎場の方が多い傾向にあるようです。

斎場と火葬場を同じように認識してしまうのは、斎場と呼ばれる場合であっても、火葬場が併設している所が多いからなのかもしれません。有名な斎場の場合、火葬場が一体となっている所もあります。また、斎場に火葬場が隣接しているような所も少なくありません。斎場と火葬場が一体になっている所や、火葬場が隣接しているような斎場を利用するメリットは、ご遺体を移動する時にスムーズなこと。車両費なども不要です。しかしながら、斎場と火葬場が離れている場合であっても、車で移動することができますのでそれほど心配する必要はないでしょう。

また、最近は「直葬(ちょくそう)」や「火葬式」と呼ばれる葬儀を行う方も多くなってきています。これは、お通夜や告別式などを行わず火葬のみを行うといった葬儀のことです。亡くなってから24時間安置した後、火葬場にて火葬。この場合は、斎場を利用することはありません。同じように、自宅で葬儀を行う場合も、斎場を利用する必要がなく火葬場を利用するだけとなります。

斎場を選ぶ時は、どれくらいの規模に対応できるのか、サービスはどうなっているのか、交通の便や駐車場はどうなっているのかなど確認してから判断することをお勧めします。

ご葬儀の知識コラム

日本で年間に亡くなる人は平成27年に130万人を初めて突破した。少子化が原因で人口が減少、高齢化はさらに進みます。亡くなるときにひとり暮らしだったり、死後のことを託せる家族がいなかったりする人が今後増えていきます。そんな状況を見据え、当サイトは、葬儀の最新ニュースや終活、葬式のFAQについて紹介していきます。

>> 新着情報はこちら

葬儀社選びのポイント

急なお葬式!葬儀社選びのポイントは?

葬儀社選びは、遺族の代表としてお葬式をまとめる喪主、そして家族が故人を無事に送り出すために、最も大切な仕事と言っても過言ではありません。今回は、そもそも葬儀社とは何か?そしてどんな種類があるのか?そして、気になる費用について、失敗がない葬儀社選びの方法についてご紹介します。

お葬式の流れ・日程

お葬式の流れ・日程

「葬儀」と「告別式」は異なるものです。葬儀は、宗教的儀式。告別式は、会葬者が故人にお別れを行う為の儀式です。かつては、葬儀と告別式を別々に行うことが多かったのですが、現在は一緒に行うことが多いようです。葬儀の当日は、開始する一時間前には会場に到着し、受付の準備などを行ったりします。

喪主の仕事

喪主の仕事

葬儀を行う場合、できるだけ早めに喪主を決める必要があります。そして、病院からご遺体をどこに搬送するかを決め、葬儀社を決定しなければなりません。喪主は、お通夜や葬儀を行う場所や日取りをはじめ、料理の手配や遺影の準備、返礼品の準備など、これらを取り仕切っていくこととなります。

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、故人の遺言があるならそれを尊重し決定することになります。遺言等がない場合は、配偶者、或いは長男、次男、長女、次女など故人と直系の男子または女子、或いは故人の両親が引き受けることになります。

スポンサードリンク

斎場と火葬場の違い

斎場と火葬場の違い

身内にご不幸があり葬儀の準備をする側になるまでは、葬儀についてほとんど分からない方が多いのではないかと思います。始めて耳にする言葉もあるのではないでしょうか?では、「斎場」と「火葬場」との違いについてはご存知でしょうか?

香典の金額・相場

香典の金額・相場

香典の金額については、その地域によっても異なりますし、故人との関係などによっても違いがあります。必ずこの金額でなければならないといった決まりはなく、気持ちを伝えることが一番の目的です。

墓石の相場・選び方

墓石の相場・選び方

墓石は、一般的にきめ細かい石であること、水分をあまり吸収しないこと、硬いことが良い石の条件だとされています。きめ細かい種類の石であれば、光沢も出ますし、水分をあまり吸わないような石であれば変色しにくくひび割れもしにくいといった良さがあります。

生前葬・事前相談

生前葬・事前相談

ひと昔前までは、元気なうちに死や葬儀のことを考えてたり口にすることがタブーだと言われていました。現代では、少子高齢化や核家族化が進行する中で、多くの中高年の方々が葬儀会館の見学や、終活セミナーの参加、生前予約などをされています。

お葬式の費用

ご予算に応じた3つのプラン

■家族葬プラン
「家族葬」は、故人の家族を中心にして、より近しい人のみで行われる少人数の葬儀です。「家族葬」という独特の名前はついているものの、葬儀の流れは、一般的な葬儀とほとんど変わりません。ただ、家族や身内が中心であるため、自由な形式で催しやすい点は大きな特徴の1つです。相場としては、40万円~50万円というプランが多いです。

家族葬プランの詳細


■一日葬プラン
一日葬では、火葬の当日にお葬式が行われるので、式自体は一日で終わります。従来のお葬式との大きな違いは、“お通夜がない”という点です。一日葬の費用相場は、30万円~40万円程度です。プランやオプションなどにもよりますが、従来のお葬式と比べれば、5割以上費用を抑えられることも、メリットです。

一日葬プランの詳細

スポンサードリンク

■火葬式プラン
火葬式では、基本的に、従来型の葬儀では行われている通夜や告別式は行われません。亡くなった方(故人)を火葬場にて火葬することで、葬儀が完結するスタイルです。通夜や告別式を行わないことから、「直葬」の1つとしても知られています。火葬式の費用相場は、20万円以下(17万円~19万円台後半)です。

火葬式プランの詳細

スポンサードリンク

↑ PAGE TOP