喪主が長女の場合 | セレモニーガイド

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

喪主は、法的に決まりがない

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、故人の遺言があるならそれを尊重し決定することになります。遺言等がない場合は、配偶者、或いは長男、次男、長女、次女など故人と直系の男子または女子、或いは故人の両親が引き受けることになります。このように、故人と深い縁にある人が喪主を務めるのが一般的ですが、法的には特別な決まりはありません。

現代は少子化ということもあって、故人のお子さんが女性一人だけの場合も少なくありません。既に故人の配偶者が亡くなっていて、娘さんも結婚している場合もあります。このように、苗字が夫の姓になっている娘が喪主になることももちろん可能です。お子さんの夫が喪主になることもできますのでどちらでも良いのですが、親戚やご近所の方などに対応することを考えると娘さんが喪主になった方が良いとも言えます。それに、中には故人の娘の夫が喪主を行うことを快く思わない義父義母もいますから、慎重に決めることをお勧めします。

また、生前故人を長く介護していたのが長男ではなく長女である場合も少なくありません。この場合も、故人が生前同居していたのが長女であれば長女が喪主を務めるのも皆納得できるでしょう。他にも、故人の遺言の中に喪主を長女にお願いしたいと記載されてあれば、やはりそれを尊重していくことになります。

ただ、喪主を引き受けると、必ず「祭祀継承者」にならなくてはいけないと認識している方も中にはいらっしゃるようです。祭祀継承者とは、「系譜」と「祭具」と「墳墓」を引き継ぐ人。簡単に言えば、お墓や仏壇などを継ぐ人のことです。こういったものは、分けて相続してしまうと、法要を行う時に何かと面倒になってしまいます。ですから、一人が引き継ぐことになっているのです。

法律を見ると、喪主が必ず祭祀継承者になるといった決まりはありません。喪主を引き受ける引き受けないに関係なく、祭祀継承者については話し合いで決定することになります。話し合いで決まらなかった場合は、家庭裁判所の調停や審判で決定することとなります。ですから、既婚の娘が喪主を引き受けてもデメリットのようなものはないといって良いでしょう。長男が喪主でも長女が喪主であっても、やるべきことは同じです。

また、長女が喪主を引き受けた場合、親戚やご近所の方と話しやすいといったメリットもあるかもしれません。ただ、これもあくまでも一つのイメージです。いずれにしても、葬儀をスムーズに進める為にもよく話し合って決めることが必要です。

お葬式 関連記事

お葬式の流れ・日程

お葬式の流れ・日程

「葬儀」と「告別式」は異なるものです。葬儀は、宗教的儀式。告別式は、会葬者が故人にお別れを行う為の儀式です。かつては、葬儀と告別式を別々に行うことが多かったのですが、現在は一緒に行うことが多いようです。葬儀の当日は、開始する一時間前には会場に到着し、受付の準備などを行ったりします。

喪主の仕事

喪主の仕事

葬儀を行う場合、できるだけ早めに喪主を決める必要があります。そして、病院からご遺体をどこに搬送するかを決め、葬儀社を決定しなければなりません。喪主は、お通夜や葬儀を行う場所や日取りをはじめ、料理の手配や遺影の準備、返礼品の準備など、これらを取り仕切っていくこととなります。

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、故人の遺言があるならそれを尊重し決定することになります。遺言等がない場合は、配偶者、或いは長男、次男、長女、次女など故人と直系の男子または女子、或いは故人の両親が引き受けることになります。

新着記事

お布施の金額・渡し方とは!?お布施袋の書き方は?

お布施の金額・渡し方とは!?

お布施とは何か、意味や役割、マナーについて...

遺産相続の手続き

遺産相続の手続き

遺産相続は、被相続人が死亡した時点...

遺族年金の受給

遺族年金の受給

遺産相続財産のなかに「遺族年金」が...

相続・名義変更・手続き

相続・名義変更・手続き

相続が開始され相続人が遺産分与したとき...

急なお葬式!葬儀社選びのポイントは?

急なお葬式!葬儀社選び?

葬儀社選びは、遺族の代表としてお葬式をまとめる喪主...

お葬式の流れ・日程

お葬式の流れ・日程

「葬儀」と「告別式」は異なるものです。葬儀は、宗教的儀式...

喪主の仕事

喪主の仕事

葬儀を行う場合、できるだけ早めに喪主を決める必要があります...

喪主が長女の場合

喪主が長女の場合

葬儀やお通夜の準備を行う場合、喪主を決めてから進めることになるのですが、

斎場と火葬場の違い

斎場と火葬場の違い

身内にご不幸があり葬儀の準備をする側になるまでは、葬儀についてほとんど

香典の金額・相場

香典の金額・相場

香典の金額については、その地域によっても異なりますし、故人との関係などに

墓石の相場・選び方

墓石の相場・選び方

墓石は、一般的にきめ細かい石であること、水分をあまり吸収しないこと

生前葬・事前相談

生前葬・事前相談

ひと昔前までは、元気なうちに死や葬儀のこと

↑ PAGE TOP